痩せるコツはこれだった!お酒を飲む時のおつまみ選び

お酒を飲んだら太ってしまう、は嘘だった!コツを掴んで上手に痩せよう!

お酒を飲む時のポイントについて

おつまみ選びに注目!

お酒に合うおつまみは味付けや塩分を濃く作られていることがとても多いです。
おつまみを食べると体内の塩分濃度が高まり、それを薄めようとして体が水分を欲しお酒が進みやすくなる傾向があります!

例えばどて煮やソース系の揚げ物など、、、要注意!!
なるべくシンプルで薄味のおかずを選ぶようにしましょう!

これポイント!
味付けや塩分の濃いものは注意

炭酸の入ったお酒は控える

ハイボールやソーダ割りなどの炭酸は血管を拡張する作用があるため血流が良くなり酔いが回りやすいと言われています。
また、胃の吸収力も促進する効果もあるため栄養も取りやすくなります。

そのためお酒を飲む時は炭酸で割るものではなく水割り、またはロックがオススメです。

オススメのお酒はこれ
酔いにくく太りにくいお酒はウォッカ、焼酎、ジンなど

飲む前に乳製品を摂る

お酒を飲む前にヨーグルトや牛乳をとっておくことで乳製品に含まれる脂肪分が胃の粘膜を保護してくれます。
それによりアルコールで胃壁が荒れるのを和らげてくれます。

ずっとお酒はNG!途中お水を飲もう!

アルコールを摂ると体はアルコールを分解するために水が必要になります。
お酒は利尿作用が強いこともあり脱水症状を起こしやすくなります。
また毒素体外に排出するためにも水分補給は欠かせません。

意識しましょう!
お酒を飲むなら積極的な水分補給をお忘れなく!

お酒を飲む時のおすすめおつまみ

するめ

イカに含まれるタウリンという成分は肝臓の機能を高めてくれます。
また高タンパク低カロリーでしっかりと噛まないといけないこともあり満腹感も得られやすいです。

野菜スティック

カロリーも低く噛みごたえもあります。
またアルコールを飲むと利尿作用が高まりミネラルやビタミンが失われがちになるため野菜もしっかりと食べて補給できるといいです。

焼き鳥

つくねは避けたいところですが、他のネギまやモモ、砂肝などは大丈夫です。
タレではなく、塩胡椒の味付けを選びましょう。

海藻サラダ

ワカメなど海藻が入っているサラダは使うドレッシングも比較的低カロリーです。
また海藻に含まれるカリウムには塩分を体外に排出する効果が期待されます。

豆腐

高タンパク低糖質です。
ただ、陰性食物で体を冷やしやすいため冷奴より湯豆腐やチゲなどがおすすめです。

刺身

消化を助ける酵素を含んでおり低カロリーです。
またアミノ酸も豊富で糖や脂質、アルコールの代謝も促進してくれます。

キムチ

発酵食品に含まれる乳酸菌は腸内環境を整えます。
また、キムチに含まれるナイアシンは二日酔いの原因になるアセトアルデヒドを分解する効果があり悪酔いを防ぐ効果があります。

枝豆

糖質低めのおすすめ食材です。ただ塩味が強いとお酒が進んでしまうためそこだけ注意しましょう。

チーズやソーセージ

高タンパク質でお酒とも合います。
ただし魚肉ソーセージはつなぎに小麦粉が使われているため避けましょう。

まとめ

お酒を飲みつつも痩せるコツはこれまでに述べたとおり存在します。
しかしながら、やはり痩せようと決意したのであれば少しの期間でもお酒の量を
減らして減量にぞ飲まれると成功が近いのではないいと思います。

健康であることが第一ですからね!!
2019年楽しく遊んで楽しく仕事に励みましょう!!