高タンパク低カロリーのポイント 〜疲れない体はこうして作る〜

高タンパク低カロリーのポイント

スポーツや筋トレなどで全身を動かすために必要で、体づくりにおいて大きな役割を
担っているのがタンパク質。

良質なタンパク質は、体内で作り出すことができない必須アミノ酸がバランスよく
含まれているもののことを言います。

ダイエットや減量をしたい…そんな時は、ひたすら「量」を摂るのではなく、
「質」にこだわり、普段の食事にちょっと一工夫してみましょう!

タンパク質の重要性

筋肉、骨、血液の材料となる重要な栄養素な栄養素
それがタンパク質です。
同じ100キロカロリーを補給するときにも、ただ何も考えずに食べるのと
どの栄養素が体内で何に変わるのか意識して食べるのとでは差が生まれます。

多くの食材と組み合わせてみましょう!

単一の食材ばかりになってしまうと、決まったアミノ酸しか体に取り入れられません。

植物性・動物性タンパク質を組み合わせて摂ることで
補足効果が生まれバランスよくなりますよ!

プロテインを利用して効率的に摂取する

余分なカロリー、脂肪摂取を抑えて、タンパク質を補給したいとき、
食事のプラスαとしてプロテインを活用するのもおすすめです。

こんな使い方もあり!
運動後で食欲がない時、食べる元気がないくらいに疲れている時、
足りていないタンパク質を補うという点でオススメ

いろいろな食材を取り入れてみましょう。

タンパク質の摂取は、単一食材ばかりではなく
肉→魚→大豆などローテーションをして、いろいろな食材を取り入れてみましょう。
栄養素バランスが整うだけではなく、様々な栄養素を摂ることが期待できます!
ぜひ参考にしてみてください。

ビタミンB6と合わせて吸収力アップ!

ビタミンB6はタンパク質の代謝に必要な、タンパク質の摂取量と比例して必要量が増える栄養素です。
動物性食品、植物性食品とありますが、動物性のものがより効率よくタンパク質を代謝します。
牛肉・豚・レバー・鳥ささみ・マグロ・鮭が代表的な食材です。