浮腫み撃退! 使用するお塩次第で浮腫み易さがかわる!

浮腫みにくくする塩の選び方

普段から調味料として使用する塩についてご紹介。

塩分は量を気をつけて見ることも大切ですが
質から見直してみるとより効果的です。

ここを見て!
※塩を購入する際に天然塩など表記はされていません。
ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル分が
記載されているものを選んでください

どんなお塩を使っていますか?

料理の調味料として欠かせない「塩」ですが、
皆さんはどんなお塩を使っていますか?

よく塩分を控えましょうと言いますが
どんな塩を使っているかもとても大切です。

ダイエット中、食生活を見直している中で調味料の意識も上げていきましょう。

塩の種類について

①自然塩(天然塩)

自然塩とは自然な方法で精製された塩化ナトリウム以外のミネラル分が
多く残った塩
のことを言います。
自然な精製法としては「天日」、「平釜」などの方法があります。
化学的な力ではなく物理的な自然の力を使って水分を取る方法です。
塩化ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、ミネラル、にがりが
残っているため塩味だけでなく「旨味」も感じられるのが特徴です。

②精製塩

精製塩は精製の方法が自然ではなく化学的に精製され作られます。
「イオン交換膜法」という方法で純粋な塩成分である塩化ナトリウム99%以上
という高い濃度で含有している塩です。
塩化ナトリウムの濃度が高いため塩味が濃く塩辛さが立っている風味になり
そのほかのミネラル分をほとんど含まれないため「旨み」もほとんど感じられません。
サラサラとしていて水分に溶けやすい性質があります。

③再生加工塩

2つの製法のどちらにも属さない塩で再生加工塩というものがあります。
海外から輸入された高純度の自然海塩や精製塩を一度日本の海水に溶かし
再び結晶化して塩にしたものです。
自然塩として分類されることもありますが人工的に成分を調整することも
あるため自然塩ではないと見る場合もあります。

浮腫みにくいお塩は?!

①の自然塩(天然塩)
天然塩には豊富なミネラル分が含まれているので骨や歯を丈夫にしたり
基礎代謝を上げたりなどの健康効果が見込めます。
そのほか、血糖値のバランスをとったり血圧を調整したりなど不整脈を
安定させる効果があることもわかっています。

自然塩(天然塩)の種類

天日塩

水分を自然な力で除くため、にがり成分である
マグネシウム、カルシウム、カリウムのミネラル
が豊富に含まれています。

岩塩

多種のミネラルが微量に含まれるものがありますが一般的にミネラル分とされる
マグネシウムなどが天日塩に比べると総量は少ないのが特徴。

湖塩

塩水の湖自体が日本にはないためすべて外国産です。
天日塩ほど多くのミネラルを含みませんが岩塩よりは多いものが一般的です。

まとめ

塩味の焼き鳥が美味しいのは、塩の旨味!

自然塩にはメリットが沢山!
ミネラル成分が豊富な自然塩はナトリウムと一緒に水を体外に排出してくれる役割があります。
取りすぎは浮腫につながりますが意識することで浮腫みにくくすることは可能です。

ダイエット、健康のためにも調味料の意識も上げていきましょう!!

ここがポイント!
※購入する際に天日塩などの表記はされていないので
ナトリウム、マグネシウムなどのミネラル分が表記されているものを選んでください。