人工甘味料とは何かを理解して健康的に痩せよう!

ダイエットに興味がある方は、ご存知の方も多い「人工甘味料」

砂糖の代用品として色々な食品や飲料に利用されています。

今の日本では特に、糖質=太る原因という考え方が広まっていますよね。
そのため、たくさんの糖質ゼロの食品や飲料が販売されています。

そしてそれらの多くに人工甘味料が使われているんです。
実は身近にあって誰もが口にしている人工甘味料について知っておきましょう!

知って口にするか、知らずに口にするかは大きな違いです!

甘味料とは?

食品に甘味をつけるための調味料のことで、天然の甘味料と人工甘味料があります。

天然甘味料

自然の植物などから抽出した成分から作られる甘味料のことで、
砂糖、はちみつ、メープルなどが代表的です。

人工甘味料

科学的に合成して製造される甘味料。
砂糖よりも何倍も甘みの強いものや逆に弱いものもある。

人工甘味料の入っている食品」

○糖質・カロリーゼロ、低糖質低カロリー食品や飲料
○栄養ドリンク
○ガム、ミントタブレット
○清涼飲料水
○カップ麺やスナック菓子
○缶コーヒー

※入っていないものあります。

「人工甘味料の種類」

○サッカリン
世界最古の人工甘味料と呼ばれている
砂糖の約700倍の甘味がある

○アスパルテーム
最もポピュラーな人工甘味料
砂糖の約200倍の甘味を持つと言われています

○スクラロース
ショ糖と塩素を反応させて作られたもの
砂糖の約600倍の甘味がある

○アセスルファムK
砂糖の約200倍の甘味がある

代表的なものをご紹介しました。
その他にも様々な種類が存在していますし、これからも増える可能性があります。

「人工甘味料のメリット、デメリット」

メリット

・ゼロカロリー、低カロリーのものが多い
・少量で甘味を感じられる

デメリット

・お腹がゆるくなる場合がある
・とりすぎると、血糖値が上がる→肥満につながる可能性がある
・腸内細菌のバランスを乱す可能性がある
・甘味に慣れ、依存してしまう可能性がある

まとめ

実際に使用されている人工甘味料は人の体に直接有害であるというわけではありません。
しかし、何事も過剰に摂取すると体にリスクを伴います。

なるべく天然のものを口にしながらかしこく利用していきましょう。